ダイヤモンドの輝きの裏に。

ダイヤの価値を決める4C

古今東西の人々を魅了し続けてきたダイヤモンド。どのダイヤモンドを見ていても、美しくてきれいな輝きだなと思えますが、実は一見同じようにきれいに見えるダイヤモンドも、プロが査定すると価値に大きな違いがあったりするんですよ。 ダイヤモンドの価値を決める基準を4Cと呼びます。婚約指輪を買いに行く時には、前もってダイヤモンドの専門的な用語を知っておいた方がいいと言いますから、その時に初めて知った人も多いのではないでしょうか。4つのCから始まる項目から総合的にそのダイヤモンドの価値が決定されます。カラットとカラー、それからクラリティとカットです。カラットは誰もが知っていますよね。クラリティは包有物がないと評価が高くなります。

今と昔のダイヤの価値

古いダイヤモンドを買い取ってもらいに行ったら、自分のダイヤモンドの価値が下がっていたので安い値段しかつかなかった!という例はよくあります。鑑定書があるのになぜ?と思うかもしれません。実は昔と今とではダイヤモンドの評価基準が違っているのです。昔の方が基準が定まっていませんでしたから、今の評価基準になる前の鑑定書の結果とはギャップが出る場合があります。その点を了承したうえで査定に出しましょう。 ダイヤモンドを少しでも高く売る場合は、いくつかのお店に持ち込んでみることです。その中から最も査定額の高いところに引き取ってもらいましょう。業者向けのオークションも、一般層でも参加できるものがあります。透明度が高いので信頼できる価格を付けてもらえますよ。